駅前喫煙所LaB.

諸事情あり「ヤフーブログ」からお引っ越しm(__)m 主に首都圏内の各駅周辺の喫煙が可能な場所や店舗を巡り載せる「駅前喫煙所LaB」。駅探しはページ下の検索窓にて承りますm(_ _)m

越谷駅 喫煙所

越谷 駅 駅前 タバコ たばこ 煙草 喫煙 喫煙所 灰皿 一服 カフェ ファミレス 喫煙席 愛煙 愛煙家 分煙 禁煙 周辺 近隣 東武スカイツリーライン 伊勢崎線 越谷市 埼玉県

越谷駅
(東武スカイツリーライン)


f:id:ekme-pk2:20171218201406j:plain
西口にのみですが、
越谷駅には指定喫煙所が設けられています。
他、
越谷駅周辺の喫煙が可能な場所や店舗を
以下に記載。



ルール・マナー、良識ある利用を。


【1 越谷駅周辺喫煙所(灰皿設置場所)】

──周辺全体図──
f:id:ekme-pk2:20171218201549j:plain

──各所詳細──

□ 西口側 □

・1…西口指定喫煙所
f:id:ekme-pk2:20171218201638j:plain
f:id:ekme-pk2:20171218201713j:plain
f:id:ekme-pk2:20171218201732j:plain
場所詳細:Google Map


・2…ミニストップさん(越谷駅西口店)
f:id:ekme-pk2:20171218203801j:plain
f:id:ekme-pk2:20171218203853j:plain
場所詳細:Google Map


・3…かどやビルさん前
f:id:ekme-pk2:20171218204249j:plain
f:id:ekme-pk2:20171218204303j:plain
場所詳細:Google Map


□ 東口側 □

・4…セブンイレブンさん(越谷駅東口店)
f:id:ekme-pk2:20171218204551j:plain
f:id:ekme-pk2:20171218204610j:plain
場所詳細:Google Map


・5…越谷アルコ「2F」
f:id:ekme-pk2:20171218204831j:plain
f:id:ekme-pk2:20171218204856j:plain
参考出典:越谷アルコ(公式サイト)
場所詳細:Google Map


・6…ミニストップさん(越ヶ谷1丁目店)
f:id:ekme-pk2:20171218205129j:plain
f:id:ekme-pk2:20171218205142j:plain
場所詳細:Google Map


・7…たばこ取扱店さん
f:id:ekme-pk2:20171218205238j:plain
f:id:ekme-pk2:20171218205252j:plain
場所詳細:Google Map



【2 越谷駅周辺喫煙可能店舗】
f:id:ekme-pk2:20171218205651j:plain
・a…ドトール ※分煙(喫煙14席/禁煙34席)
・b…カフェOB ※喫煙可
・c…ケンタッキー ※分煙(外テラス席のみ喫煙可)
・d…日高屋 ※喫煙可(時間帯禁煙有り)
・e…ガスト(ツインシティ2F) ※分煙
・f…サイゼリヤ(ツインシティ2F) ※分煙
・g…カフェココチーノ ※喫煙可
・h…カフェコロラド ※分煙(喫煙22席/禁煙13席)
・i…おるがんモール ※分煙

注1)以下、越谷駅周辺の主な喫煙不可店舗。
マクドナルド
ぎょうざの満洲
餃子の王将
アリスター
・ヴィドフランス


注2)喫煙可不可店舗はあくまで個人で調べた為、相違変更等ありましたら確認し次第随時更新します。

注3)文字数制限や体裁上、店舗名を略化/半角化させていただいている場合がありますが、ご了承下さい。

注4)灰皿が置かれている場合や喫煙可能な場所や店舗でも、諸事情考慮し、省かせていただいている場合があります。

礼)喫煙場所を提供してくださる当頁紹介各所の関係者の方々に感謝いたします。



【0 越谷市路上喫煙の防止に関する条例】
f:id:ekme-pk2:20171218211312j:plain
越谷駅周辺は路上喫煙禁止区域に指定されていない為、赤線部分に該当すると思われます。
参考出典:越谷市

ルール・マナー、節度ある喫煙を。













田舎から
ギター1本持って出て来て
ポジでマヂ熱い歌聴かせに来ました!
って青年がいるとしたら、
スローテンポな面持ちで
諭し凹ませるのだと思う。

そんな名曲。

幕ノ内サディスティック(丸の内)/YouTube

「才能の塊」というと
まるで努力も苦労もしていない人間のように
聞こえてしまいかねないものだが、
その言葉とはつまり、
そういった土臭い泥臭い小賢しいものを
全く見せず披露する人間にこそ相応しい。

そういう意味で私は
普段使うのだと思う。